角川春樹社長への配達証明書状

 

粛啓

能登半島の付け根,富山県氷見市より、角川会長に謹んでご注進申

し上げます。

さて唐突ではありますが会長に、愚生が30年、確実に10万時間

を費やし解明発見した,人類の至宝、神器・太極「(たから)を是非とも

お知らせしたく逸る思いでキーを叩いております。

同封「(たから)」本(ダイジェスト版)は、中国4000年文化の黄金期、

唐朝の神器、解明・発見の拙著です。

神器「寶」(璽印)は中国唐代あの楊貴妃の夫、玄宗皇帝の勅令で3

0年を費やし・延人員65億人以上を投入し焼成なった、唐朝の神

器です。

獅子印「寶」は、漢文化圏に伝播した獅子文化の基です。

その伝播面域は万里の長城を凌駕いたします

神器「寶」は焼き物で、日本を代表する幾人もの陶磁器専門家が

『焼成不可能』と断言した人類史上未曾有の陶磁器です。

最終、文化庁の要請で陶磁器研究における日本の最高峰「日本東洋

陶磁学会」の竹内順一常任委員長が検分し「焼成不可能、地球上に

一点も無い陶磁器」公式見解を表明されました。

30年に及ぶ、何十万・何百万個の焼成燃料調達は、日本の国土の

1,7倍の松科の大森林地帯であった黄土高原です。

今日広大な黄土高原が不毛の大地となった人類史に刻される環境破

壊は、この神器「寶」焼成の国家事業が原因でありました

日中の歴史学者、陶磁器研究家、地球環境学者、誰一人として、想

像もしなかった前人未踏の史実です。

そして神器「寶」事業の動員数の人件費を現代邦貨に換算すると

0兆〜100兆円で日本の国家予算に匹敵です。

神器「寶」は、始皇帝の万里の長城建設を眼下にする人類史上、未

曾有の国家事業でした。

過去30年間、著名な学者30名以上、そして中国史研究の四大学

会(日本道教学会・東方学会・日中学会・日中関連学会)の何十人

の諸先生が異論反論できず99%が沈黙背走です。

神器「寶」の解明は、唐代を2000年以上遡る歴史の縦軸と唐代

の多岐にわたる横軸の検証で、狭義の縦割り学問、覚悟無き机上の

知識学問では、ご理解すら無理なのであります。

賛同戴いた彗眼はNHK故草柳大蔵先生はじめ約10名です。

(それらの経緯はダイジェスト版に載っております)

「寶」本に枝葉な錯誤はあっても歴史の太脈・大本に200%間違

いはありません。

神器「寶」解明発見により、中国の小・中・高・大学の歴史・美術

の教科書は勿論、漢文化圏の何億冊の関係諸本が書き換えに迫られ

ております。

神器「寶」発見により、日本は政治・経済に加え文化の危機管理が

問われております。

千載一遇の国益を秘めた神器「寶」のこの書状を看過すれば、何人

であろうと、後世の歴史に見識と(かなえ)の軽重を問われかねません。

同封の通り、中曽根・福田総理の特別顧問を歴任された、日本文化

協会加瀬英明会長先生、慧眼の藤井善三郎先生・竹内順一先生に、

神器「寶」の会の名誉顧問に就任戴きました。

そして本年8月24日に届いた中国の英才・王敏博士(経歴在中)

からの感嘆の祝辞を検分願います。

また台湾最大の「自由時報」掲載は張茂森東京支局長の彗眼です。

まさに日・中・台を代表する慧眼が、愚生の解明「寶」本に同意で

多忙な会長です。

神器「寶」の1300年の旅路を集約した自作のCDをご覧願いま

す。

同封の中国、程永華駐日大使にお届けした書状も同時ご検分願いま

す。

インターネットによれはG20サミット来年が6月頃開催予定で習

近平国家主席が国賓として来日予定とのことです。

神器「寶」は1000年先の日中友好のシンボルとして、安倍総理

から習近平主席に、無償贈与を一計致しております。

無償贈与の前に、角川書店と独占契約し、日本はおろか、中国・台

湾・韓国、漢文化圏に人類史に記録される映画製作を熱望致してお

ります。

獅子印「寶」は大唐の神器であるとともに、道教宇宙・太極の神秘

を刻した道教の最高法印でもあります。

毛沢東は文化大革命で道教寺院を破壊し道教を徹底弾圧しました。 
現在も中国政府は道教一派の「法輪功」を弾圧しております。 
道教信者は親日台湾はじめ世界の華僑も入れ約4500万ともいわれます。 
親日の台湾の蔡総統と台湾故宮博物院も熟考したのですが、100 
年先・500年先を見据えると、大陸中国を選択するしか術はありません。 

人類の至宝神器「寶」には政治的に計り知れない問題を孕んでおり

ます。

中国に無償贈与の前に、最低限東南アジア全域に発信の必要があり

ます。

神器「寶」の戦いは、膨張を続ける対中国を念頭に、日本文化の威

信を懸けた乾坤一擲の戦いです。

自作のCD@Aを2本ずつ同封いたします。

@は一年前に制作したもので、Aが全貌解明の完結編です。

日本中を見渡して、神器「寶」を世界に発信できる総合力は、角川

会長しか想定できません。

愚生は昭和21年生まれです。

是非ともお会いして諸々アドバイスを戴ければ幸いです。

同封諸資料を、慎重に精査の上、ご一報いただければ、幸いです。

以上、未曾有の国益を秘める、人類の至宝、解明・発見に鑑み、不

作法、非礼を平にご容赦願う次第です。

ご一報いただければ、何処へでも参上する所存です。

ご健勝を祈念しつつ、会長の一報を一刻千秋の思いでお待ちする次

第です。

 頓首

平成30年9月15日

 

   「寶」ホームページ  http//www.taikyku-takara.com

       メールアドレス    apasanyo@p1.cnh.ne.jp 

    

同封

「寶」ダイジェスト版2冊

CD@A各2本